不動産投資

ワンルーム営業電話

投稿日:

応援のクリックお願いします
本日の仕事の終了時間である午後5時30分過ぎに、事務室の電話が鳴りました。
「課長さんいますか?」
ワンルーム業者だ!
ワンルームの営業さんは、手当たり次第に電話をしてくるので、職名で相手を呼び出す。
つい「はい○○です」と名前を言った日には、それを記録され連日のように電話をしてくる。
投資に興味のない公務員には迷惑な電話です。
私も、たまに電話に出るときがあります。
「どんな物件持ってるの」
「池袋から徒歩圏内の新築ワンルームです。」
「で、いくら」
「2500万円です」
「それじゃ利回りでないじゃん」
といった感じで冷やかします。
それで、今日の電話も、その方法で撃退しようと思いました。
最初に営業さんが奨めてきたのは、新築ワンルームでしたが、話をすると中古のいいワンルームも紹介できるとのこと。
区分所有投資家として有名な芦沢さんも、かかってきた電話から、逆に
中古物件探してると提案していることが本に書いてあった。
私も、今回の電話でその方法を試した。
その後、話が盛り上がり1時間以上電話で投資の話をしました。
結構勉強している営業さんで、本人も今年勤続3年になったことから、スルガ銀行から融資の基準はクリアしていることを確認済だそうです。
頑張って、40代でリタイヤしたいとも言っていました。
私はまだ、20代なので充分リタイヤできますよ。と言ってやりました。
この営業さんからいい話が来るかわかりませんが、投資のわかる営業さんと仲良くなるのは悪くないと思っています。
応援のクリックお願いします

-不動産投資
-

Copyright© 目指せ経済的自由! 安月給公務員の不動産投資実戦日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.