不動産投資

中古マンションがバカ売れ

投稿日:

下の記事にあるとおり、新築マンションが高すぎて、中古のマンションがバカ売れしているそうです。
しかも、値上がりしている模様・・
私が住んでいる地域も、アホみたいに新築マンションを建築している。
売れるんですかね?
毎日ポストはマンションにチラシばかりです。
私の所有している3LDKファミリーマンションも値上がりしていないかなぁ。
<中古マンション>売れ行き好調…価格割安で新築からシフト
9月26日18時54分配信 毎日新聞
首都圏の中古マンション価格の推移
 売れない新築マンションとは対照的に、中古マンションの売れ行きは好調だ。不動産調査会社の東京カンテイによると、首都圏の今年6~8月の売買件数は前年同期より16.1%増えた。
 ポイントは新築との価格差。8月の首都圏の新築マンションは平均発売価格(不動産経済研究所調べ)が4799万円(平均面積71平方メートル)だったが、中古は70平方メートル当たりの売り主希望価格が3082万円。近畿圏も中古は同1866万円と新築の半額近くで「35歳前後の団塊ジュニア層では新築からのシフトが起きている」(東京カンテイの中山登志朗上席主任研究員)。
 ただ、中古マンションの価格も新築に引っ張られ、8月の売り主希望価格は前年同月より3%、06年の平均より22%上昇した。高止まりしている新築マンションの価格が下がってくれば、中古の割安感も薄れ売れ行きが鈍る可能性もある。
 中古一戸建ては、不動産情報サービスのアットホームの7月調査によると、首都圏の平均成約価格が前年同月比11.6%下落の2863万円(建物面積101平方メートル)。マンションや新築より土地代の割合が大きく、地価の低落傾向がすでに反映し始めている。
 一方、賃貸住宅の家賃は、交通の利便性による相場ができあがっており変動が小さい。アットホームの7月の調査では、30~40平方メートル(1DK~2DK)の賃貸マンション・アパートの平均的な家賃は、東京都の城南5区(渋谷、世田谷区など)で10万~14万円台、神奈川県川崎・横浜北部で6万~9万円台、千葉県市川・船橋地区で5万~7万円台だ。
 三井不動産などが今月、東京都港区芝浦に完成させた964戸・地上48階建ての超高層マンションは50~60平方メートル(1LDK)の部屋で20万円前後の家賃だが、順調に3割以上の入居が決まった。三井不動産広報部は「立地が良く、施設・環境も優れているハイレベルの賃貸マンションは人気が高い」と話す。【位川一郎】

-不動産投資
-

Copyright© 目指せ経済的自由! 安月給公務員の不動産投資実戦日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.