不動産投資

宅建試験

投稿日:

毎年10月は、宅建の試験があります。
不動産業に就いている方は、必須の国家資格です。
(決まりでは5名に一人持っていればよい)
持っていないと、バカにされるようです。
私は、自己啓発で宅建に合格しました。
不動産屋さんに宅建を持っているというと「おー」と言われます。
以外と不動産業に就いている方は、宅建を持っていない人が多いです。
株式・不動産投資家の吉川英一さんは、不動産投資をやるなら宅建と簿記を持っている方がいいと本に書いてあります。
私もそう思います。
持っていなくても不動産投資は出来ますが、不動産の手続や民法の契約関係などわかるので、話が早くなります。
私は、宅建は1回で受かりました。
LECという専門学校に通って、実質2ヶ月の勉強で受かりました。
講義を聴いて、過去問を3回解いただけでした。
宅建の合格率は15%くらいですが、LEC利用者の合格率は30%を超えるそうです。
ちなみに、簿記は3ヶ月勉強して3級と2級に同時に合格しました。
この時も、専門学校を利用しました。
この専門学校で「3級の3ヶ月コース」で3級と2級にダブルで合格したのは、私が初めてだったそうです。
どうやって合格したのか、逆に聞かれました。
授業が終わった後、講師に2級の範囲について質問し過去問を繰り返し解きました。
宅建も簿記も不動産投資をやろうと思って取得したわけではありませんが、取っておいて損はなかったです。

-不動産投資
-

Copyright© 目指せ経済的自由! 安月給公務員の不動産投資実戦日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.