不動産投資

広告料の返還成功

投稿日:

3月に二人が短期退去した。
一人は、父親の病気を理由に入居1ヶ月以内の退去
しかも、敷金1ヶ月を0にして契約したのに・・
もう一人は、震災後に夜逃げ同然に退去した外国人
こちらは敷金1ヶ月を0にして、2月の家賃をフリーレントにして契約したのに・・
両方とも同じ募集会社からの入居だった。
これだけ出血大サービスで入居してもらったのに、1ヶ月で退去されたので、募集会社に広告料の返還を交渉するよう管理会社の担当者にお願いした。
しばらくたって「契約だから無理そうです」と担当者から電話がきました。
契約といえども納得できないし、信義則から考えれば広告料は返還できると思い、さらに管理会社の上司を巻き込んで交渉をお願いした。
その結果、支払った広告料合計2ヶ月分の返還に成功した。
言ってみるもんだ。
確かに募集会社は入居を決めたのだから契約のとおり、募集手数料1ヶ月と広告料1ヶ月をもらうべきであるが、敷金を0にしてフリーレントまでつけたのに、短期退去された大家の立場にもなって欲しい。
ちなみに「信義則」とは裁判で実際に判例として採用されており、普通に考えればおかしいことや、強い立場を利用して無理矢理に契約させた場合など、契約自体を無効にしたり解除したりする考え方です。(違ったらごめんなさい)

-不動産投資

Copyright© 目指せ経済的自由! 安月給公務員の不動産投資実戦日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.