不動産投資

昨年の総括

投稿日:

去年は、所有部屋数13部屋中、5部屋で退去があったので、予定よりだいぶキャッシュフローが少なくなった。
一部屋退去があると、すっごーくお金がかかる。
まず、現況回復工事で費用がかかる。
記録を見ると7万円から35万円までかかっている。
次に、空室によるロス。
だいたい入居が決まるまで、2ヶ月くらい部屋が空いてしまう。
最後は、仲介手数料と広告料で家賃の2ヶ月かかる。
都内でも敷金1ヶ月とるのが、やっとな状況でこの2ヶ月の費用は、大家にダメージを与える。
これが5部屋あったわけだから、見込んでいたキャッシュフローが得られるわけがない。
キャッシュフローが少ないと言うころは、自己資金が貯まらなかったと言うことです。
これに対する対処は
 長く住んでもらう
 原状回復費用を抑える
 空室期間を短くする
 広告料を払わなくても決まる部屋にする
ということです。
文字で書くと簡単だけど、難しい問題です。
 

-不動産投資

Copyright© 目指せ経済的自由! 安月給公務員の不動産投資実戦日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.