不動産投資

積算評価と耐用年数

投稿日:

以前は収益還元法がはやり、フルローンでRCマンションを購入して、普通のサラリーマンが経済的自由を手に入れることが出来た。
もちろん、私もそれをまねしようと勉強をはじめたが、時はすでに遅かったです。
通販大家さんが紹介してくれた熊本県のRC物件に1番に買付を入れました。
それが、去年の12月です。
数日後、SMBCショックでフルローンで買えなくなりました。
今思えば、不動産価格がピークアウトしたあたりだったので、買えなくて正解だったかもしれません。(負け惜しみ)
去年あたりから、積算評価と耐用年数の事をうるさくいう有名ブロガーが増えてきました。
私も勉強したのですが、物件を増やし続けるには、この二つは外せません。
そういう物件が狙えるのが、本当に今の不動産市況ですね。
たぶん、収益還元法で融資しデフォルトした案件が増えているのでしょう。
やっぱり、積算評価がある物件の方が銀行はお好きですね。
競売手続きしなくても、任売で売れるからでしょう。
また、耐用年数以上融資を出す銀行は、きわめて少ないです。
健美屋とか見ても、木造でいえば平成元年前後の物件がたくさん掲載されています。
耐用年数の問題で、立地が良くない限りなかなか売れないようです。

-不動産投資
-

Copyright© 目指せ経済的自由! 安月給公務員の不動産投資実戦日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.