不動産投資

芦沢さんとの会話

投稿日:

セミナー後の懇親会で、区分の神様である芦沢さんと会話をしました。
芦沢さんは、区分で失敗をして区分で成功した凄い人です。
初期に融資で買った区分マンションが失敗で、マイナスレバレッジになった事から、その後の区分を全て現金で購入している強者です。
そのあたりの話は、芦沢さんが本に書いていますので割愛します。
さて、芦沢さんと話をしたのは2回目でした。
私のことを覚えていてくださったので「ヒデキ感激!」といった気持ちでした。
以下、会話形式で
芦沢さん:あれから何か買われました?
わたし:方南町徒歩2,3分のワンルームを8部屋買いました。
芦沢さん:いいじゃないですか。すごくいいですよ。築年は?
わたし:平成2年です。
芦沢さん:すごく新しいですね。新しいですよ!
わたし:(古いと思っていたのに、びっくり)
わたし:でも、14㎡で3点ユニットなんです。
芦沢さん:このあたりじゃ、あたりまえですよ。利回りは?
わたし:10%ちょっと
芦沢さん:すっごくいいですね!
(つづく・・)
といった内容の話でした。
実は、私は方南町のワンルームの購入は失敗だったかなぁ・・と、たまに思うことがありました。
しかし、区分の神様にこれだけほめられたら、実は良い買い物だったのかもしれません。
ワンルームは資産価値がないといわれてますが、他行の融資担当者から5800万円と評価額を聞き出しています。
購入額と、それほど差はありません。
古くなれば「コンクリートの塊」と言われますが、立て替えるときは、敷地権という土地の持ち分がありますので権利主張できます。
私は、ワンルームも大好きです。

-不動産投資
-

Copyright© 目指せ経済的自由! 安月給公務員の不動産投資実戦日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.