不動産投資

金消契約、無事に終わらせました。

投稿日:

朝、起きたらダウが200$近く下落していましたね。
日経が大きく上がると、ほとんど翌日にはダウが下がります。
昨日買った人は、ババを掴まされましたね。
薄商いの中、空売りの買い戻しで上がったのを、底値で反発と勘違いした投資家が買って買い上がるパターンのような気がします。
さて、本題です。
昨日の午後7時ピッタリにS銀行の行員さん2名が自宅に訪問しました。
行員さんは軽自動車でノーネクタイです。
私も、ジーンズとラフな格好です。
官舎の古い居間に案内して、お互い名刺交換しました。
その後、いきなり
  カードローン
  クレジットカード
の作成を頼まれました。
変にゴネても仕方ないし、行員さんはノルマがあるわけで、素直に作成しました。
行員さん曰く「銀行のカードなので、信用に傷つきません。」
とのこと・・
深意の程は分かりませんが、融資を受ける立場で、これからも、この担当さんとは長い付き合いにしたいので、和気藹々と書類にサイン。
次に出てきたのは「根抵当権設定」の書類
えっ! ねていとうけん!?
根抵当権のことは理解していますが、そういうものは、こちらから頼まないと設定できないものかと思っていました。
根抵当権とは、極度額以内なら設定した取引に関して何度でもお金を借りることが出来るものです。
今回、私の場合は「銀行取引」と書いていました。
具体例を書けば、10年後に1000万円元金が減っていれば、1000万円を融資してもらって、次の収益物件の自己資金に使えます。
不動産を担保にしたカードローンみたいなものです。
S銀行としては、他行より高い金利で、私とながーい付き合いが出来るわけです。
S銀行、恐るべし・・
司法書士への委任状を書いて、やっと金消契約。
紙はA3が1枚、3~4枚の複写です。
記載は難しくありません。カードローンの方が書きづらかった・・
その後、約款の説明を受け、説明を受けた欄に押印。
5年以内の繰り上げ返済は、繰り上げ額の2%の手数料でした。
これは高い・・
最後に、所得証明書を担当さんが取ってきてくれるというので、委任状を書いて終了しました。
金消契約より、クレジットとカードローンの書類を書く方が大変だった。
お互い、無事に書類作成を終えると、しばし雑談・・
この時、私は聞こうと思っていた質問をぶつけました。
1番目は、次も融資を得られるか
 回答は、年内でもいけるそうです。
2番目は、金利の引き下げ
 回答は、難しいそうです。
 一部の業者が、S銀行は2~3年すると実績を見て金利を引き下げるといっているが、ウソだそうです。
 実際は、繰り上げ返済をして借入残高が少なくなれば、相談に応じるそうです。
 相談した結果、審査部にあげて、そこでOKをもらわない限りダメだそうです。
 また、2~3年は絶対無理だそうです。
3番目は、私の属性について
 回答は、全く問題ないそうです。
 審査も、簡単にスルーしたそうです。(えっ、ホント)
 過去に、何度も融資を蹴られた私が・・
4番目は、今後の物件取得について
 回答は、間に入る不動産会社が実績のある会社ならば、融資は出やすい。
 いい加減な事業計画を作成する業者が多い。
 もう初めての方ではないので、携帯に連絡をすれば相談にのってくれるとのこと。
 やっぱり、初めての方は実績のある不動産会社から物件を購入した方が良いみたいですね。
 「お宝不動産」の沢さんも、最初は普通の物件で良いといっていたのを思い出しました。
5番目は、現在すすめている新築アパート計画について
正直に、サンデー毎日バンクで5年固定で2%前半で融資できそうとの話をした。
 回答、S銀行では固定金利でやらない。
 金利は4.5%が最低。
 新築で土地有りであれば、いくらか金利が下がる可能性もある。
 もし、サンデー毎日バンクでダメなことがあれば、こちらで融資できる。
とのことでした。
また、S銀行は他行より個人の不動産投資に関する融資についてノウハウが長けているので、他行で融資できない人は、S銀行で融資できると自慢していました。
そこには、あるポイントがあって、それをチェックすることで分かるそうです。
そのポイントについては、教えていただけませんでした。
逆に、S銀行で断ってヨコナメ銀行などで融資を受ける人もいるそうです。
いろいろ勉強になりました。
引渡は、29日(金)になる予定です。

-不動産投資
-

Copyright© 目指せ経済的自由! 安月給公務員の不動産投資実戦日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.