不動産投資

銀行で決済、物件の引渡、募集契約締結

投稿日:

本日、銀行で司法書士立ち会いのもと、所有権移転登記、抵当権設定登記、融資の実行など手続をしました。
いよいよ、収益物件の大家です。
銀行を後にすると、物件の最終確認です。
双方の不動産屋さんと売り主立ち会いの下、室内に瑕疵がないか点検です。
特に、水回りのトラブルが多いというので、しっかり確認しました。
下見の時に、カーペットが引いてあって気がつかなかったのですが、フローリングに大きなゴムタイヤの後がありました。
セミナーによると、こういう場合はすぐにクレームをつけて値引きをするとありました。
しかし、立ち会った売り主さんは妊婦さんだったので、とても言えなかったです。
俺って弱いなぁ。甘いなぁ。と思いましたが、鬼になれませんでした。
物件の引き受け後、鍵を持ってすぐに管理会社に直行しました。
米軍の住宅部ははゴールデンウィークは、しっかりと休むそうです。
その前に、審査を受けて入居者を決めなければいけません。
ゴールデンウィーク前に入居者が決まらないと、1ヶ月分のローンが持ち出しになってしまいます。
無事、管理会社に鍵を渡し、募集契約書等にサインをして帰宅しました。
管理会社によると、すでに、2名の入居希望の予約が入っているそうです。
「心配ありません。」と励まされました。

不動産投資スクール_2006_10.jpg

-不動産投資
-

Copyright© 目指せ経済的自由! 安月給公務員の不動産投資実戦日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.